口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント!

ソープランドとは?その意味や由来をご紹介します

2019/09/05

ソープランドは遊郭と並び女の子との本番行為(セ○クス)を楽しむことができる風俗です。 デリヘルやピンサロなどの一般的な風俗ではフ○ラやAF(ア○ルフ○ック)は楽しむことができても本番行為は認められていないため、ソープランドは「風俗の王様」と呼ばれることもあります。単に女の子と本番行為ができるということだけがソープランドの良さではなく、浴室の中で行われるローションを使用したマ○トプレイ、メイドやお医者さんごっこなどさまざまなシチュエーションで女の子との本○行為を楽しめることも魅力の1つです。

日本におけるソープランドの由来とは?

もともとトルコなどの中東地域では「ハマム」と呼ばれる垢すり付きのスチームサウナが親しまれており、1932年に横光利一の発表した『上海』という小説の中で「トルコ風呂」という名前で紹介されています。
その後1951年に許斐氏利(このみ うじとし)によってミストルコと呼ばれる女性がマッサージを行うトルコ風呂の東京温泉が開店されました。当時射撃の日本代表選手であった許斐が海外渡航した際に体験したスチームサウナに感動して日本に持ち帰ったものが現在のソープランドへと発展したといわれています。しかし、許斐は女性の着衣を義務付けるなど、純粋にスチームサウナを楽しむためのお店というスタンスを崩すことなく経営していました。

その後の日本でのトルコ風呂の展開

許斐は純粋にスチームサウナを楽しむためのトルコ風呂を経営していましたが、1953年には「おスペ」と呼ばれる、現在でいうところの手○キをウリとしたトルコ風呂が都内20店・全国70店まで展開されています。ここから更にサービスは過激化。その中で徐々に本番行為も行われるようになり、その後1966年にトルコ風呂が風営法の適用を受けた際に行われた調査では全国で706店まで急速に拡大を広げたといわれています。

トルコ風呂からソープランドへ

トルコ風呂から現在のソープランドへと改称されたのは1984年のことです。この頃には性サービスが受けられるトルコ風呂の存在が広く大衆に知れ渡っていましたが、こうしたお店に対して自国の名前が使われているトルコ人の間で反感がつのっていました。こうした問題があり東京大学のトルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリ氏が、当時の厚生省に名称変更を訴え出たことにより現在のソープランドと呼ばれるようになりました。とはいえ、当時の名残から、ソープランドのことをトルコ風呂と呼ぶ人は一定数存在していることでしょう。

埼玉オススメ優良ソープ

サイト更新情報

  • 2019/11/7日ランキングを更新しました。
  • 2019/10/3日ランキングを更新しました。
  • 2019/10/1日消費税増税により変更された料金を反映しました
  • 2019/6/11日サイトを更新致しました。
  • 2019/5/21日コンテンツを追加しました。

口コミ投稿でAmazonギフト券1,000円分!